スポンサードリンク

ギフトにも最適♪TVで紹介・雑誌で紹介された楽天ランキング1位お取り寄せスイーツ店玉華堂人気...

携帯電話は結構汚れているものです

年末になると大掃除をやりますね。お部屋だけでなく携帯電話の大掃除もやっていますか?
毎日手放すことなく使っている携帯電話。皆さんも仕事のときでもプライベートのときで常に肌身離さず持ち歩いていると思います。
毎日使われている携帯電話は結構汚れています。携帯電話の掃除については誰も意識していないと思いますが、ディスプレイの汚れ、ボタンの間の汚れ、ボディの外装部分についた指紋や手あかなどかなりの汚れがたまっていると思われます。
携帯電話は屋内外を問わずに使いますし、使うときは常に手や顔に触れているため、どうしても汚れが増えてしまいます。また、洋服のポケットやカバンの中に入れて持ち歩いているときも綿ぼこりなどを被ることになってしまいます。つまり、ケータイを洋服で拭ったとしてもきれいになるのは表面だけで、細かい隙間などにはホコリや汚れがたまっているわけです。

眼鏡ふきを利用して外装はきれいに

携帯電話は精密な電子機器なので、一部の防水機能搭載の携帯電話をのぞき、水などで洗うことはできません。汚れを落としたいときは、乾いた柔らかい布で拭くことが基本になります。「乾いた柔らかい布」にもいろいろなものがありますが、メガネ拭きは繊維も細かく、汚れをきれいに拭き取れるので、おすすめです。ただし、ディスプレイやボディの外装部はコーティング処理などが施されているので、アルコールや洗剤などを使ったり、強くゴシゴシと磨いたりしないように注意してください。
メガネ拭きを利用すれば、携帯電話も随分ときれいになりますが、布ではきれいにできる範囲が限られてしまいます。

綿棒が必殺道具

布だけでは携帯電話を切れにする場所も限られてしまいます。用意したいのが綿棒です。綿棒なら、入り組んだところや細かいところもきれいにすることができます。卓上ホルダとの接点の部分なども汚れていると、正しく充電ができなくなるので、綿棒できれいにしておきましょう。特に、二軸回転式やスライド式といった複雑な機構を持つケータイの場合は、いろいろな角度に動かして、綿棒で掃除をすることをおすすめします。
携帯電話は肌に直接触れるものです。いつもきれいにしておきたいですね。頻繁にやるのは面倒なので、年末の大掃除に合わせて、ついでに携帯電話の大掃除をしてみましょう。

携帯電話の大掃除